WakonPassは”特別な文化体験”にアクセスできる「文化体験パスポート」です。会員券を保有すると、「イベント参加」・「割引」・「プレゼント」などの特典を得られます。会員券は譲渡可能なNFTとして利用も可能。

English Page

WakonPass保有者特典の例

イベント参加

会員券保有者限定のイベントに参加可能です。普段は味わえない非日常的な文化体験を提供。

提携店サービス

WakonPass会員の工房やショップへ、会員券を持って観光すると特典が得られます。観光体験をより特別なものに。

限定クーポン

会員券保有者限定クーポンを配布します。お買い得に伝統工芸品や着物を購入することが可能。

プレゼント

不定期に商品やNFTなどのプレゼント企画を開催します。日常のちょっとした楽しみに。

その他

その他にもWakonPassを保有すると、ちょっと得したり、観光が楽しくなったり、生活が豊かになったり、、、様々な特典を企画中。

NFT会員券を購入

OpenSeaというNFT売買プラットフォームにて購入が可能です。NFTの購入には仮想通貨ETHとウォレットが必要です。

OpenSeaを見る

Blog posts

保有者へ毎月WakonTokenを配布するステーキングを発表

『WakonPass Staking』始動  毎月10日にWakonPass保有者へWakonToken(以下WT)を配布します。WTはFiNANCiE上で発行されているオフチェーントークンで、同アプリ上でのみ取引ができます。同アプリは日本国内在住者のみが利用可能です。 第1回 12/10 の配布レート ノーマル5枚→WT×1 ブロンズ2枚→WT×1 シルバー1枚→WT×1 ゴールド1枚→WT×2 プラチナ1枚→WT×3 ※レートは毎月変動します。   WTの受け取り方法 ① 2022年12月10日までにFiNANCiE内の「WAKON」コミュニティへ参加してください。コミュニティへの参加方法は以下の画像を参照ください。 ② 配布日にFiNANCiEコミュニティ内のチャットで「WakonPass保有の全てのウォレットアドレス」と「受け取り希望トークン数」の情報送付を運営より依頼しますので、ご対応ください。 ③ FiNANCiEコミュニティ内でトークンを配布します。    FiNANCiEアプリのダウンロード フィナンシェ|FiNANCiE https://financie.jp/アプリ:App Store(対応OS:iOS 14.0以上)https://apps.apple.com/jp/app/financie/id1470196162アプリ:Google Play(対応OS:Android 6.0以上)https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.financie.ichiba   補足事項 WakonTokenの詳しい情報はこちら→ https://financie.jp/users/Wakon/cards

RoadMap-vol.1 とNormalPass-Sale 開催

WakonPassはリアルとバーチャルで様々な文化体験にアクセスできる、パスポートNFTです。最大発行枚数10万枚、5種のレアリティ、クリエイターFee 0%のNFTプロジェクトです。最初の1万枚はフリーミントかつCreatorFee0%のため、運営がプロジェクト運営資金を確保できません。 そのため定期的に各NFTのセールをミントサイトで開催し、プロジェクトの運営資金を確保します。RoadMapはPassSale開催前に公開し、NFTプロジェクトの売上をどのように使いプロジェクトを成長させるか明記した上で、PassSaleを開催します。この記事ではRoadMap-Vol.1とNormalPass-Sale開催のお知らせをします。   NormalPass-Sale 11/19 18:00~ 11/20 9:00 (JST) :下記ミントサイトにて販売 https://www.wakonpass-2022.com/ NFT詳細種類:ノーマル最大販売枚数:5,900枚価格:FloorPrice (11/19 9:00時点)の30%~50%OFFの価格1ウォレット購入上限:100枚販売価格のアナウンスは11/19 17:30に公式twitterで実施。 RoadMap-Vol.1 今回のNormalPass-Saleの売上は以下のロードマップ達成に活用します。ロードマップ達成後のWakonPassのプロジェクトを想像していただきたいです。 ☑︎ 本プロジェクトサイトの多言語対応→海外ユーザーへの発信強化 ☑︎ 公式英語twitterアカウント( @wakonpass_en )の運用強化→海外ユーザーへの発信強化→英語アカウントのフォロワー6,000人達成 ☑︎ ブランディング動画の作成→ "リアルとバーチャルの世界で文化体験ができる"というユーティリティのイメージの可視化 ☑︎ ユーティリティ提供店舗 50店舗獲得→...

【メディア掲載】日刊工業新聞にWakonPassが掲載 ⛩

当プロジェクト『WakonPass』が日刊工業新聞様に掲載されました。 記事はこちら⬇︎ https://www.nikkan.co.jp/articles/view/653837   ※取材の時点ではCreatorFeeは3%でした。現在は0%です。 以下全文引用 wakonart(ワコンアート、堺市東区、白江勝行最高経営責任者〈CEO〉)は、NFT(非代替性トークン)を活用した文化体験の観光会員券事業を12月に始める。このデジタル会員券を持っていれば、陶芸や絹織物といった工房の限定イベントへの参加や提携ショップでの割引など特典が受けられる仕組み。会員券は自由に譲渡可能。海外にも広く展開することでインバウンド(訪日外国人)を取り込みつつ、日本の伝統文化への理解と伝統工芸品の需要拡大につなげる。  11月10日に発行するNFT会員券は「wakonPass」。プラチナ、ゴールド、シルバーなど5種類あり、ランクに応じてサービスに差を設ける。1年目は計10万枚を発行し、うち1万枚をツイッター上で無料配布する。残り9万枚は海外も含め有料で順次売り出す。  wakonartでは伝統工芸のメディア事業を手がけ、そのネットワークを生かして刀剣や日本画も含め全国各地の工房や工芸品ショップ、自治体などに提携先を広げる。当初は備前焼の窯元や京都・丹後地域の絹織物工房、京都市内の京友禅の工房など30カ所でサービスを提供。訪日外国人が文化体験の検索や予約がしやすいよう、専用の多言語メディアも立ち上げる。  NFTの会員券としたのは、デジタルデータの唯一性を証明できるため。暗号資産(仮想通貨)で手軽に売買できる利点もある。同社は有効期限1年間の会員券の有料販売により収益を上げ、会員券の譲渡成立時にも譲渡額の3%を手数料として受け取る。  wakonartは2020年設立。伝統工芸士の京都の着物職人が描いた着物デザインをNFTアートとして販売する事業も展開。9月にはNFT関連企業と伝統文化の担い手の橋渡し役となる一般社団法人伝統文化NFT協議会を設立している。    

提携店&サービス募集

WakonPassと提携して「特別な文化体験」を一緒に企画&提供しませんか?着物、工芸品、茶道、華道、歌舞伎、神社仏閣など幅広い文化事業者様を募集中です。NFTの知識がなくても大丈夫です。まずはお気軽にご相談ください。

無料のご相談はこちら

WakonPass Schedule (更新中)

運営が予定しているイベントや発信情報をリアルタイムで更新しています。

最新スケジュールを見る

お問い合わせ

カート

カートに商品は入っていません。